事例研究教材


事例研究教材として適切なもの

技術倫理の学習では、教科書に書いてあることを覚えることより、 過去の実例や仮想事例に即して 自分だったらどうするかを考えることのほうが大切である。 そのために使用するのが事例研究教材である。 事例研究教材は 「どのように行動するのが倫理的か、 悩ましい問題」であればなんでもいい。 「悩ましい問題」であることが重要な条件である。 倫理学習だというので、 心が洗われるようなすばらしい倫理的な行為をした人の話こそが 事例研究教材だ、などと誤解しないでほしい。 たしかにそのような話を読むと、「自分もそうありたい」と考えるだろうし、 似たような状況に置かれたときにどう振舞うかの参考にもなるだろう。 しかしすばらしすぎる話は時として自分たちからかけ離れた世界の話に聞こえ、 「自分ならどうするか」という思考の対象になりにくいことが多い。 逆に、あまりに非倫理的なひどい話も教材としては不適切である。 普通の人間だったら絶対こんなことはしない、 必ずこういう適切な対応をする、 という問題回避の道筋が明確な問題事例では、 深く考えなくても「自分ならこうする」という解が見えてしまう。 悩ましい問題という条件を満たしていないのである。 ただここでちょっと注意してほしい。 非倫理的と思える行為をした人の話は新聞記事でもよく見かける。 そのような記事を読んで、自分ならこんなことは絶対しない、 こんなことをするのは生まれつきの悪人だ、 などと考えてはいないだろうか。 新聞記事の表面からだけでは、 なぜその人がそんなことをしてしまったのか、 その理由まではなかなか読み取れない。 背景事情まで調べていくと、 人間個人としては十分な倫理観を持ち、 普段は決して悪いことなどしない人が 追い込まれた状況ではとんでもないことをしてしまうことがある。 自分でもひょっとしたらこのようなことをしたかもしれない、 と思われるような事例こそが事例研究教材として有用なのである。

事例研究の題材は新聞記事にもテレビニュースにもインターネット上にも、 さらには日常生活の場面場面にも、あらゆるところにあふれている。 ただ、簡単な情報しか得られない事例では 深く考えるための教材には向いていない。 背景事情をこちらで想像して補っていく必要があり、 それに時間を割かれてしまって肝心の 「自分ならどうするか」の考察がなかなかできない。 そこで技術倫理の教科書などでは いくつかの倫理問題事例を事例研究教材用に示してある。 仮想事例なら

過去の実例の中では 我が国の事例としては 米国のオンライン科学技術倫理センターのホームページ に掲載されている事例を 日本語に翻訳したものが こ ちら にある。 事例の数が非常に豊富で参考になるが、 「なんとなく日本と違う」「社会経験のない学生にはとっつきにくい」 という感想を持たれるかもしれない。

2002年のいわゆる東電問題の発覚があり、2007年3月には発電設備関係で多くの不正行為・不適切な行為が公表された。 北陸電力志賀発電所で1999年にあった臨界事象などはマスコミにも大きく取り上げられたので、記憶されていることと思う。 2007年3月に公表された事案は電力各社合計で、水力88、火力130、原子力98である。 志賀発電所の事象以外にも実に多くの問題行為があったわけであるが、あまりに多くてどのような内容なのか理解するのは難しいのではないかと思われる。 それ以外にも原子力分野の不正行為・不適切な行為は数多く発表されている。 これは公開の原則が浸透していることにもよるが、あまりほめられたことではない。 それはともかく、 をマンガ風に描いてみた。 事例研究教材とすることを意識して作ったものではないが、中には考える題材に十分なるものもある。 参考にしていただければ幸いである。

事例研究教材として新聞記事などを使う場合は、背景事情でよくわからない点がいろいろ出てくる。 そういうときは、 自分たちなりに「こうであろう」と仮定して考察してもよい。 事例研究は裁判とは違うものである。

このように事故や事件として報道されている事柄以外でも 技術倫理の観点から議論する価値のある問題も多い。 たとえば知的財産権もその一つであろう。 例を挙げると

などである。 技術は誰のものかを考えさせる題材の一つである。 このような問題をしっかり考えることも歓迎するが、 これは「自分ならどうするか」という形での考察とはちょっと異質かもしれない。

技術倫理のトップページへ