米国医師会医学倫理原理


アメリカ医師会(American Medeical Association)の 医学倫理原理はかつて、

医療行為による性的非行は、患者が医師にいだく信頼を裏切り、非倫理的である

と記述していた。 しかしこの規程では「どのような行為が性的な非行であるか」についての 定義がなされておらず、無意味である。 患者と性的関係を持った医師は、 「自分の行為は『愛』によるものであって『非行』ではない」と主張することで、 自らの行為を容易に正当化できる。 したがって、非常に簡単に無視できる規程であったわけである。

新しい規程では、次のように記述することで解釈の余地を狭くし、 正当化しにくくしている。

医師-患者の関係と同時に起きる性的な接触は、性的非行を構成する。

倫理規程は、どのようにでも解釈できる「きれいな言葉」を並べるだけではなく、 具体的な行動の指針となるものでなければならない。 倫理規程は必ずしも「心地よい」ものでなないのである。

以上、「環境と科学技術者の倫理」、P. A.Vesilind、A. S. Gunn著、 (社)日本技術士会環境部会訳編、丸善 の225ページより

技術倫理のトップページへ