維持基準についての論争もだんだん忘れられていくのかもしれません。
でも、「社会に大きな影響を与える技術」については、安全確保のための規格・基準を作って示していくのが技術者の責務であることは覚えておいてください。