改善の輪PDCA(Plan-Do-Check-Act)は、いろいろなレベルで回していかなければいけないのです。
え?目が回る?
そんなこと言わないでね!