安全水準を高く保つにはPDCA(Plan-Do-Check-Act)の改善の輪を回し続けなければなりません。
どうせ「絶対」安全だよなんて言ってると痛い目に会いますよ。