罰則が良心の呵責だけだと「誰も守りっこない」という人もいますが。
でもそうは思いたくないですね!