これはもちろんフィクションですが、技術倫理教育の必要性をこういう風に説明すると分かってもらいやすいのはなぜなんでしょうね。