「事故の確率」というのは不確かさの目安です。
「百万年に1回の確率」の事故が百万年に1回必ず発生するわけではないのです。
        分かります?