総理が現地に行くべきだったか未だに私にも分かりません。でも私が同行を断ることは絶対できませんでしたね!