第4回ワークショップ



▶▶▶ 第4回ワークショップ


〔日程〕2016年10月31日(月) 19:00~21:00
〔場所〕パブリック・アウトリーチ事務所 〔地図
〔内容〕「原子力の安全性について」
    講師:諸葛 宗男 氏(パブリック・アウトリーチ/元東京大学公共政策大学院特任教授)

〔配布資料〕
 ○ 第4回ワークショッププログラム
 ○ 講義資料「原子力に安全性について」
 ○ 海外比較
 ○ 低線量被ばくのリスク管理に関するワーキンググループ報告書(外部リンク)
 ○ 事後アンケート(回収)

〔実施報告〕
 第4回ワークショップでは、元東京大学公共政策大学院特任教授の諸葛宗男先生に「原子力の安全性について」というタイトルで、講義をしていただきました。講義では、福島原発事故はなぜ起こったのか、事故後の原子力の安全対応、低放射線影響の話、安全目標やこれからの目指すところについてまで、諸葛先生のご経験やご意見も踏まえながらお話をいただきました。話題も盛りだくさんだったので、講義資料だけでなく、その他の資料もいただきました。
 講義が終わった後には、学生たちも活発にさまざまな質問を出して、諸葛先生からも丁寧にお答えいただきました。そして最後に、講義についての意見を述べて、ワークショップは終了いたしました。参加者からは、やはり福島原発事故に対して多くの意見が出てきました。そして、「原子力のあり方を変えるのは今」「原子力を受け入れるのはやはり難しい」などの意見が聞かれました。

諸葛先生の講義の様子です。


参加者からは、様々な意見や感想が聞かれました。

〔プログラム〕※それぞれ詳細な記録がリンクされています。
19:00
ワークショップ開始
19:00~19:05(5分)
前回の振り返りと今回の進め方(発言録
19:05~20:05(60分)
講義「原子力の安全性について」(発言録
20:05~20:35(30分)
Q&A(発言録
20:35~20:55(20分)
自由討議(発言録模造紙
20:55~21:00(5分)
次回以降のアナウンス・事後アンケート記入(発言録
21:00
終了


All Rights Reserved, Copyright © Public Outreach, Non-Profit.